三本の柏の古木や楡の大木がそびえ、夕焼けと美しい野付牛の町並みが一望できる高台にスイスの山小屋風の西洋館を構え、ここを拠点に大正3年から15年間、ピアソン夫妻はキリスト教の伝道や学校教育等の振興に尽くしました。


1914年(大正3年)に建設され、ピアソン夫妻が15年にわたり生活した洋館を1970年に修復し、ピアソン記念館として1971年5月に開館。1階展示室にはピアソン氏の編著書や鐘・オルガン・机等、夫妻の遺品が展示されています。2階展示室には北見市の姉妹都市、ピアソン氏の生まれ故郷でもあるエリザベス市(アメリカ合衆国)の資料が展示されています。

■ピアソン記念館/北見市幸町7丁目4番28号(0157)23-2546
●開館時間/午前10時〜午後4時
●休館日/毎週月曜日と祝日の翌日(月曜日にあたるときは翌日も休館)、年末年始(12月30日〜1月6日)
●入館料/無料
●交通/JR北見駅から徒歩15分