北海道北見市端野町 大豆畑
HOME > イソップコリドール

イソップ(ISOPP)とは

「ISO14000、HACCP、Precision Agriculture:精密農業」をもじったものです。
コリドールとは、回廊、循環を意味します。
【IT活用による新しい営農システム】というコンセプトの下、環境保全、工程管理、品質管理など科学的に意思決定できる農業をめざしています。

ISO14000 環境保全・持続可能社会・・・・世界標準思想の内在化
HACCP 工程管理による品質管理・・・・食品衛生管理手法の導入
Precision Agriculture 明確な意思決定可能な農業経営・・・精密農業の実践

▲ページトップに戻る

取り組み

持続可能な地域形成を図るため、お互いが智恵を膨らませ、ダイナッミックに展開する緩やかな連携事業体の構築を進めています。 グローバルな視野で周りを巻き込み、潜在能力を最大限に発揮させる枠組み、意欲と才能ある人材を社会全体で生かせる仕組みを構築しながら、以下の取り組みを展開しています。

課題を創造的に捉える事業
対等な語らいの場(フォーラム)を提供しています。
詳しくはトピックスページをご覧ください。

経験と知恵をデジタルツールに変換しダイナミックに動くプロジェクトの先導
「安全で高品質な農産物」を生産するには、化学肥料や農薬を出来る限り低減する《低投入持続型農業》の実践が必要です。 管理するICT技術と農畜産系、水産系バイオマスの融合により、持続可能な循環システムを構築しています。
イソップコリドール事業コンセプト

▲ページトップに戻る

事業ビジョン

健康という観点から作物の機能性や食べ方に着目し【医食同源】の具現化をめざしています。

農業を核にした「生命ビジネス」の創造
農業を核にした「生命ビジネス」の創造

▲ページトップに戻る

事業の理念

持続可能な社会と自然との共生

「将来世代に対する責任を明確に意識した行動を指針とする」
「安心・安全な暮らしを共創という概念でオープンに協力する」
「地域環境に重大な負荷を与えない資源循環型の事業展開する」

農と食を結んだ担い手との共育

「自立した人々のネットワーク」
「多様性を尊重するネットワーク」
「機動性に富んだネットワーク」

地域循環型社会の創造

「循環再生を強く意識した生産・営業活動」
「生産活動に於ける積極的且つ科学的な情報開示」
「情報共有による信頼関係の構築と科学的なシステムの運用」

▲ページトップに戻る