ペインクリニックは、急性の痛み、慢性の痛み、あらゆる痛みの診断と痛みに対しての専門的な治療をおこないます。

ぺインクリニックで治療される病気は頭痛、肩こり、腰痛、帯状疱疹、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩等)、むちうち、ぎっくり腰などがあります。
痛み以外にも、手足の痺れ、顔面神経麻痺などの神経が関係する病気もペインクリニックの治療対象です。 痛みをほうっておくと、かえって痛みや病気を悪化させます。
痛みの原因の治療が難しい場合や、痛みの原因が特定できないものなど、 従来では困難であった痛みの管理をペインクリニックで行います。

痛みは我慢するのではなく、速やかに抑えることが大切なのです。



1.頭や顔が痛む病気
頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛、三叉神経痛
2.首、肩、腕の痛み
変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間関節症、五十肩、肩腱板断裂
3.腰の痛み
腰椎椎間板ヘルニア、脊椎間狭窄症、筋筋膜性腰痛、 骨粗鬆症
4.膝の痛み
変形性膝関節症
5.その他
顔面神経麻痺、帯状疱疹(後神経痛)、アレルギー性鼻炎


ペインクリニックでよく行われる治療法に「神経ブロック」があります。

神経ブロックとは、痛みの伝達に関係している知覚神経や交感神経、その周辺に局所麻酔薬を用い、痛みに関係する神経の働きを抑制する方法です。
痛みが生じると血液の流れが悪くなり、血液の流れが悪くなると痛みが強くなります。これを痛みの悪循環といい、この悪循環を遮断(ブロック)する治療を神経ブロックと言います。

麻酔科医による神経ブロックは、ほとんど痛みを感じることなく安心して治療を受けることができます。

当院にて行っているブロック法としては、星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、肩甲上神経ブロック、トリガーポイント注射などがあげられます。



北海道北見市大通東5丁目1   TEL:0157−23−7755

Copyright (C) 2004 Banba Clinic. All Rights Reserved.