鼻から内視鏡検査のご案内

従来、胃内視鏡は経口的に内視鏡を挿入しておりましたが、辛い、苦しいのイメージがあり、二度と受けたくないと言う患者さんもおります。
当院では、体にかかる負担も少なく、検査後はすぐに日常生活に戻れる経鼻内視鏡検査を行っております。
この検査法では、鼻腔を通って食道に入っていくため、内視鏡が舌根部に触れる事がなく、咽頭反射がほとんどなく、「オエッ」という吐き気がなく、術者との会話も可能で、リラックスして検査を受けることが出来ます。
使用機器
経鼻挿入のイメージ
経口挿入のイメージ

院長よりのメッセージ
経鼻内視鏡を使用するに当たり、苦痛がどの程度か、まず自分が体験してからと思い副院長にやって貰いました。
鼻腔を通る時多少違和感がありますが、喉を通るときの、嘔吐感は全く無く、胃に入っても膨満感がほとんど無く、従来の経口法に比べると格段に楽であり、十二分に患者さんに奨められる方法です。是非、胃の検査のときは、お申し出下さい。






北海道北見市大通東5丁目1  TEL:0157−23−7755

Copyright (C) 2004 Banba Clinic. All Rights Reserved.